メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 露の死者数に「疑惑」 欧米報道「実際は7割以上多い」/政府「真実を隠していない」

防護服を着て亡くなった人々の埋葬準備をする作業員ら=サンクトペテルブルク郊外で2020年5月13日、ロイター

 ロシアでの新型コロナウイルスの死者数を巡り、「過少報告だ」と報じる欧米メディアと、「隠していない」とするロシア政府の間で論争が起きている。ロシア外務省は報道機関に訂正掲載を求める書簡を送り、一連の報道を「フェイク(偽)ニュースだ」と非難している。

 発端は5月11日の報道。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は首都モスクワなどの人口動態のデータを基に、ロシア全土の死者数は同日時点で公表されていた2009人より「実際は7割以上も多い可能性がある」と報じた。同じく11日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)も専門家の話を引用し、実際の死者の7~8割が報告されていない可能性を指摘した。

 これに対しラブロフ露外相は15日、経済紙RBKのインタビューで「真実を隠していない」と主張。一連の報道について「どこかの国を中傷するために新型ウイルスを利用するのは言語道断だ」と非難した。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文1021文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです