メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち この子に苦労させない 小さな幸せに願い大きく

3人の子どもの成長に合わせ「宿題を手伝ったりしながら、私も勉強し直したい」と話すアンドレアさん=栃木県小山市で2019年12月16日、奥山はるな撮影

 「どうして太陽は他の星より大きいの?」。5歳の長男に聞かれ、言葉に詰まった。ブラジル出身の日系3世、アンドレアさん(28)は、中学時代から学校に通わず、町工場で働いた。景気悪化で「派遣切り」に遭い、苦労して探した再雇用の職も「中卒扱い」で限られた。「もっと勉強できる環境だったら……」。あどけない質問を投げかける我が子を前に、彼女は過去を悔やむ。

 日本で働くことを決めた両親と一緒に、7歳で栃木県小山市に来日。11歳で両親が離婚し、母と兄の3人で暮らすようになった。残業が続く母と兄。転入した小学校では日本語の授業が理解できず、ノートを取るのに精いっぱいだった。学校生活に気を配る余裕は母にはなく、学期末に持ち帰る通知表も見てもらった記憶がない。

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです