メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「いろいろ言い訳…厳しい状況変わらず」 孫氏一問一答 ソフトバンクG巨額赤字

新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2020年5月18日(同社提供)

 2020年1~3月期連結決算が1兆4381億円の巨額赤字となったソフトバンクグループ。孫正義会長兼社長が18日午後4時半から、インターネット形式で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で損失が膨らんだ「ビジョン・ファンド」の見通しなどについて語った。主なやりとりは以下の通り。

 孫氏 最近なかなか大変ですね。世界中に毎日のようにやってくるいろいろな悲しいニュースを見ながら、人生観、私自身も何度も振り返っておりますけれども、皆さまもそのような思いなのではないかと思います。

 1929年、世界恐慌がありました。その時にはニューヨークのダウ平均株価は10分の1に下がりました。戻るのに25年かかった。世界中に大きな打撃を与えた大恐慌だったが、今回の新型コロナウイルスは同じように、世界に大きな影響を与える出来事だったのではないか。未曽有の危機だったのではないかと思います。

 このような背景の中で、我々ソフトバンクグループもいろいろな影響を受けました。売り上げ、利益、大きく影響を受けました。通信事業、特に国内通信事業でコンスタントに業績を伸ばすことができていますが、(成長が見込める企業に投資する10兆円規模の)「ビジョン・ファンド」が大きくマイナスという形で経営の足を引っ張りました。最終(当期)利益も同じような形で大きくマイナスになっている。

 では、ビジョン・ファンドはどういう状況か。これまで出資している会社は88社あります。合わせて評価減は1・5兆円になりました。評価増になっ…

この記事は有料記事です。

残り3935文字(全文4577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  4. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです