「いろいろ言い訳…厳しい状況変わらず」 孫氏一問一答 ソフトバンクG巨額赤字

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2020年5月18日(同社提供)
新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2020年5月18日(同社提供)

 2020年1~3月期連結決算が1兆4381億円の巨額赤字となったソフトバンクグループ。孫正義会長兼社長が18日午後4時半から、インターネット形式で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で損失が膨らんだ「ビジョン・ファンド」の見通しなどについて語った。主なやりとりは以下の通り。

コロナ危機の中「人生観を振り返っている」

 孫氏 最近なかなか大変ですね。世界中に毎日のようにやってくるいろいろな悲しいニュースを見ながら、人生観、私自身も何度も振り返っておりますけれども、皆さまもそのような思いなのではないかと思います。

 1929年、世界恐慌がありました。その時にはニューヨークのダウ平均株価は10分の1に下がりました。戻るのに25年かかった。世界中に大きな打撃を与えた大恐慌だったが、今回の新型コロナウイルスは同じように、世界に大きな影響を与える出来事だったのではないか。未曽有の危機だったのではないかと思います。

ビジョン・ファンドが足を引っ張った

 このような背景の中で、我々ソフトバンクグループもいろいろな影響を受けました。売り上げ、利益、大きく影響を受けました。通信事業、特に国内通信事業でコンスタントに業績を伸ばすことができていますが、(成長が見込める企業に投資する10兆円規模の)「ビジョン・ファンド」が大きくマイナスという形で経営の足を引っ張りました。最終(当期)利益も同じような形で大きくマイナスになっている。

 では、ビジョン・ファンドはどういう状況か。これまで出資…

この記事は有料記事です。

残り3939文字(全文4577文字)

あわせて読みたい

注目の特集