メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地銀、7割超の56社で減益 3社は最終赤字、新型コロナ影響 20年3月期

立ち並ぶ銀行の看板=東京都で、武市公孝撮影

 東京証券取引所などに上場する地方銀行の2020年3月期決算がほぼ出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大による世界同時株安などで、7割を超える56社で最終(当期)利益が前年同期に比べて減少。3社は最終赤字に転落した。今後は融資先の倒産に備えた貸し倒れ引当金の費用計上が本格化する見通しで、21年3月期も厳しい業績となりそうだ。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日、上場地銀78社のうち15日までに発表した76社(2社は5月下旬に延期)の決算をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです