メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファンド営業損失1.9兆円 「足引っ張った」 ソフトバンクG最終赤字1.4兆円

新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2020年5月18日(同社提供)

 ソフトバンクグループ(SBG)が18日発表した2020年1~3月期の連結決算は、最終(当期)損益が1兆4381億円の赤字(前年同期は1271億円の赤字)だった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、投資先の業績が低迷したのが要因。日本企業の四半期の最終赤字額としては、東日本大震災時の東京電力ホールディングス(1兆3872億円の赤字、11年1~3月期)を超え、過去最大規模となった。

 20年3月期通期の連結決算は、最終損益は9615億円の赤字(前期は1兆4111億円の黒字)で、SBGとして過去最大の赤字。売上高は、国内の携帯電話事業が堅調だったことなどで前期比1・5%増の6兆1850億円だった。

 運用額約10兆円の主力ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」を通じた投資事業は、通期で1兆9313億円の営業損失を計上。投資先でシェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーが、乱脈経営で巨額の損失を計上したことなどが響いた。また、新型コロナの感染拡大で他の投資先の業績も低迷。88社の投資先のうち47社の株価が下落したという。

 この日、インターネットを通じて記者会見した孫正義社長は「ビジョン・ファンドが大きくマイナスという形で経営の足を引っ張った」と説明。「(新…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです