川内原発2号機、20日に停止 テロ対策施設完成間に合わず 九州電力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州電力の川内原発1号機(手前)と2号機=鹿児島県薩摩川内市で2019年1月18日、本社ヘリから津村豊和撮影
九州電力の川内原発1号機(手前)と2号機=鹿児島県薩摩川内市で2019年1月18日、本社ヘリから津村豊和撮影

 九州電力は18日、原子力規制委員会が設置を義務づけたテロ対策施設の完成が期限に間に合わないため、20日に川内原発2号機(鹿児島県)の稼働を止めると発表した。テロ対策施設の未完成を理由に原発が停止するのは、川内1号機についで全国で2例目。

 規制委は川内2号機のテロ対策施設完成期限を5月21日としており、未完成の場合は稼働を認めない方針を示していた。九電は20日午後1時ご…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

注目の特集