投資会社路線“谷底に” ソフトバンクG最終赤字1.4兆円 孫氏「コロナ楽観視」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2020年5月18日(同社提供)
新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2020年5月18日(同社提供)

 ソフトバンクグループ(SBG)が18日発表した2020年3月期の連結決算で巨額赤字に転落した。主力のファンド事業が不調となる中、新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけた。孫正義会長兼社長は記者会見で過度な「悲観論」を否定したものの、これまで推し進めてきた「投資会社化」路線は転換点を迎えている。

「用心しながら」積極路線封印

 「コロナが、世界の経済が真っ逆さまになるような影響を与えるとは、多くの人々がそこまで大きくとらえていなかった。私も楽観している者の一人だった」。孫氏は18日にインターネットで開いた会見で、新型コロナの影響が想定以上だったとした。

 2月に19年4~12月期決算を発表した際に孫氏は、営業損失が縮小したことなどを受け、「(良い方向に)潮目が変わった」と先行きに楽観的な見通しを示していた。だが、その後、新型コロナの感染拡大で世界経済は急減速。傘下の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の投資先の業績はさらに悪化し、見通しとは逆に損失は拡大した。

 SVFではこれまで「ユニコーン」と呼ばれる企業価値が高い未公開のベンチャー企業に積極的な投資を続けてきた。孫氏は会見で、谷を上る馬の絵を示しながら「上り坂を一生懸命駆け上っていたユニコーンに突然コロナの谷がやってきた。谷にどんどん落ちているという大変な状況だ」と表現。SVFの88社の投資先のうち15社程度が倒産するという見通しを示した。

 すでに、3月末には出資先の一つで英米に拠点を置く衛星通信ベンチャー企業のワンウェブが、新型コロナの感染拡大で資金調達が困難となり経営破綻した。

 他の主要な投資先も、先行きは見通せない。乱脈経営で巨…

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1983文字)

あわせて読みたい

注目の特集