メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍で暮らすドイツ

病床確保で防いだ「医療崩壊」 旧共産圏育ちの首相が悩んだ「移動制限」

3月18日、移動制限などコロナ対策について語るメルケル首相のテレビ演説に見入る人々=ドイツ西部オーバーハウゼンで、AP

 「(新型コロナウイルスの)陽性反応者と接触しましたか。最近高熱が出ましたか」。ベルリンのシャリテ大学病院。マスク姿の女性医師が患者に質問し、診察が始まった。「目を閉じて両手を前に上げて。次は目を開けて、私の指先を目で追って」

 患者はベルリンに住む記者の父(68)だ。1月に患った脳梗塞(こうそく)の関連とみられる視覚異常があり、4月21日夜に救急搬送された。採血やCTスキャン検査でも原因の特定には至らず、3泊の入院。結局、脳梗塞ではなく目の異常と診断された。そこから糖尿病であることも判明。コロナ感染が拡大した4月の時期に、丁寧な診察を受けられたことに安堵(あんど)した。

 ドイツでは現在、「医療崩壊」は起きていない。だが3月に内務省がまとめた内部文書では、衝撃的な予測が報告されていた。医…

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです