特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

中国、途上国の感染対策に20億ドル 習主席「開発ワクチンは国際公共財に」 WHO総会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スイス・ジュネーブにあるWHO本部の看板=AP
スイス・ジュネーブにあるWHO本部の看板=AP

 新型コロナウイルスの感染拡大がパンデミック(世界的大流行)と宣言されてから初となる世界保健機関(WHO)の年次総会が日本時間18日午後7時、オンライン会議形式で始まった。欧州連合(EU)などはウイルス発生源の国際調査を提案した。中国外務省は18日の北京での記者会見で、提案に同意する意向を明らかにした。一方、台湾のオブザーバー参加は認められなかった。総会は194の加盟国が参加し、19日まで新型コロナ対策について話し合う。

 総会でEUやオーストラリアなどは共同で、WHOの新型コロナウイルスを巡る対応や感染源についての検証を提案した。提案書では「なるべく早い時期に、加盟国と協議しながら公平で独立した形で実施する」とした。トランプ米大統領らが問題にしているウイルスの発生源については、中国や武漢などを名指しせず、ヒトに感染した経路とともに究明することが盛り込まれた。調査目的は「再発のリスクを減らすため」とし、中国が警戒す…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文868文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集