特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ネット配信は活路になるか 京都のライブハウスが試行錯誤 休業要請1カ月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライブのネット配信に取り組む「Live Spot RAG」の秋葉隆さん(右)=京都市中京区で2020年5月14日午後6時3分、南陽子撮影
ライブのネット配信に取り組む「Live Spot RAG」の秋葉隆さん(右)=京都市中京区で2020年5月14日午後6時3分、南陽子撮影

 新型コロナウイルス対策の休業要請が京都府で実施されてから、18日で1カ月となった。16日から解除となった施設もあるが、過去にクラスター(感染者集団)が発生したなどとして、ライブハウスなどは休業を余儀なくされている。先行きが見通せない中、苦境に立たされている京の“音楽文化の発信拠点”を訪ねた。

 「もう以前には戻ることはないやろうと思っています」。公演のキャンセルが相次ぎ、休業を余儀なくされた4月に開店40年目を迎えたライブハウス「Live Spot RAG(ラグ)」(京都市中京区)の秋葉隆さん(54)が話す。

 1981年に小さなジャズ喫茶として始まった「ラグ」は、88年から木屋町通に面したビルの5階で営業する。フロアは100席。サックスの渡辺貞夫さんら、ジャズ界を代表する奏者が定期的にステージに立つことで知られ、ミュージシャンのサインでいっぱいの壁や天井が、夜ごとの熱気を物語る。

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文2085文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集