自衛隊、広がる任務 宇宙作戦隊発足 役割や人員…「中身ない」まま

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
航空自衛隊の「宇宙作戦隊」に授与された隊旗=東京都新宿区で2020年5月18日午後(代表撮影)
航空自衛隊の「宇宙作戦隊」に授与された隊旗=東京都新宿区で2020年5月18日午後(代表撮影)

 航空自衛隊の「宇宙作戦隊」の隊旗授与式が18日、防衛省で行われ、自衛隊初の宇宙専門部隊が発足した。米宇宙軍と連携し、人工衛星への脅威となり得るスペースデブリ(宇宙ごみ)をはじめとする宇宙空間の監視を進める。空自府中基地(東京都)を拠点として2023年度の任務開始を目指すが、自衛隊が担う領域は際限なく広がっている。【松浦吉剛、田辺佑介】

高まる緊張、米との協力強化

 隊旗授与式は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、隊員約20人のうち阿式(あじき)俊英隊長(2等空佐)ら代表2人が出席した。河野太郎防衛相は「安全保障環境は変化し、陸海空という従来領域に加えて、宇宙をはじめとした新たな領域でも我が国が優位性を確保することが重要だ」と強調した。

 作戦隊が担うのは、宇宙空間を飛ぶ各種人工衛星の監視業務だ。大半の人工衛星が活動する地球の上空3万6000キロまでの宇宙空間で、宇宙に漂い衛星に衝突する懸念があるスペースデブリや他国の衛星の状況などを監視する。防衛省は23年度までに山口県山陽小野田市に、デブリや不審な動きをする衛星を捉えるレーダー施設を整備。26年度までには光学望遠鏡を搭載した宇宙状況監視(SSA)衛星を打ち上げる。作戦隊の23年度の任務開始に向け、米軍や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などとの調整やシステム整備を行う。

 防衛省は18年12月に決定した防衛計画の大綱で、安全保障上の領域として宇宙を初めて位置づけた。安全保障分野のみならず、日常生活でも衛星機能の重要性が高まったためだ。作戦隊創設は宇宙での「優位性」を確保するためだが、創設時期は当初22年度の予定で、2年前倒しした。

 政府が作戦隊発足を急いだのは、米国との協力強化が必要と見たためだ。19年3月時点の軍事用の衛星は、米国125基▽中国103基▽ロシア96基▽インド12基。日本の11基を上回っており、日本は地上の画像データ収集や弾道ミサイルの発射情報などで米国の衛星に依存している。一方で米国は19年12月に宇宙軍を創設した。自衛隊幹部は「日本も専用部隊を創設し宇宙領域に取り組む姿勢を示さなければ、米軍とも情報共有できない」と漏らす。

 米国との連携強化を進める日本だが、作戦隊の具体的な活動計画は定まっていない。空自…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文2105文字)

あわせて読みたい

注目の特集