特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

神戸市がシスメックスとPCR検査機関設置 1日最大100検体 官民連携で初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神戸市役所=渡辺暢撮影
神戸市役所=渡辺暢撮影

 新型コロナウイルスの検査体制を拡充するため、神戸市は18日、検査機器大手のシスメックス(神戸市中央区)と連携し、人工島・ポートアイランドの「神戸医療産業都市」(同区)内にPCR検査機関を設置すると発表した。6月1日から運用を始め、1日最大100検体を検査する。市によると、官民連携によるPCR検査機関の設置は全国初。

 新たな検査機関は、神戸バイオメディカル創造センターにあるシスメックスの「BMAラボラトリー」を改修し、同社員が検査を実施する。市保健所が採取した検体は、臨床検査会社「エスアールエル」(東京都)がラボまで運搬する。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文426文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集