特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

「みんなで裸を見たと言われた」「尊厳失われた」入管収容女性が手紙で訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「難民問題に関する議員懇談会」が参議院議員会館で開催した出入国在留管理庁の「ヒアリング」=2020年5月18日午後2時25分、和田浩明撮影
「難民問題に関する議員懇談会」が参議院議員会館で開催した出入国在留管理庁の「ヒアリング」=2020年5月18日午後2時25分、和田浩明撮影

 東京出入国在留管理局(東京都港区)に収容中の外国人女性が4月下旬、職員らに制圧された際に裸同然の姿をビデオ撮影され、その後「みんなであんたの裸をライブで見たよ。あんたはほんとにセクシーだ」などと言われた、と手紙で訴えている。外国人長期収容問題に詳しい駒井知会弁護士が17日、都内であった記者会見で明らかにした。女性は「人間としての尊厳が失われた」と傷ついているという。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1378文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集