特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「清酒特区」認定の佐渡島で醸造体験プログラム開始へ 「島の活性化貢献したい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
特区新設で清酒が造れるようになった新潟県佐渡市の「学校蔵」と、尾畑酒造の平島健社長=尾畑酒造提供
特区新設で清酒が造れるようになった新潟県佐渡市の「学校蔵」と、尾畑酒造の平島健社長=尾畑酒造提供

 老舗の酒造会社「尾畑酒造」(新潟県佐渡市)は、少量での清酒造りが可能となる「清酒特区」制度を利用し、5月下旬から新たな酒造りを開始する。佐渡島の廃校を再利用した「学校蔵(がっこうぐら)」を使い、7月には観光客向けに醸造体験プログラムを予定している。現在は新型コロナウイルスの影響で島外との往来はほとんどできない状態だが、平島健社長(55)は「なんとか夏までには収束してほしい。多くの観光客に体験プログラムに参加してもらって、島の活性化に貢献したい」と話している。【岡大介/統合デジタル取材センター】

 清酒特区は2019年12月、構造改革特別区域法の一部を改正して新設された。これまでは複数の場所で清酒を醸造する免許を得るには、同じ敷地内や近接の場合を除き、製造所ごとに年間60キロリットル以上を生産する必要があった。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1194文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集