メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「清酒特区」認定の佐渡島で醸造体験プログラム開始へ 「島の活性化貢献したい」

特区新設で清酒が造れるようになった新潟県佐渡市の「学校蔵」と、尾畑酒造の平島健社長=尾畑酒造提供

 老舗の酒造会社「尾畑酒造」(新潟県佐渡市)は、少量での清酒造りが可能となる「清酒特区」制度を利用し、5月下旬から新たな酒造りを開始する。佐渡島の廃校を再利用した「学校蔵(がっこうぐら)」を使い、7月には観光客向けに醸造体験プログラムを予定している。現在は新型コロナウイルスの影響で島外との往来はほとんどできない状態だが、平島健社長(55)は「なんとか夏までには収束してほしい。多くの観光客に体験プログラムに参加してもらって、島の活性化に貢献したい」と話している。【岡大介/統合デジタル取材センター】

 清酒特区は2019年12月、構造改革特別区域法の一部を改正して新設された。これまでは複数の場所で清酒を醸造する免許を得るには、同じ敷地内や近接の場合を除き、製造所ごとに年間60キロリットル以上を生産する必要があった。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1194文字)

岡大介

1982年東京生まれ。2007年毎日新聞入社。東芝不正会計、東電改革、コインチェックの仮想通貨大量盗難事件、財務省の公文書改ざん&次官セクハラ発言問題、GAFA規制など取材。共著に「AIが変えるお金の未来」など。酔うとすぐ寝る。ツイッター @oka_mainichi

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです