特集

池江璃花子(水泳)|東京オリンピック

急性リンパ性白血病から復帰した「国民的ヒロイン」。今回はリレーに専念し、2024年パリ五輪へつなげる

特集一覧

池江「ありのままの自分を見て」 SNSで短髪姿とメッセージを公開 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウイッグを外した現在の姿を動画で公開した競泳の池江璃花子選手=ユーチューブより
ウイッグを外した現在の姿を動画で公開した競泳の池江璃花子選手=ユーチューブより

 白血病を公表している競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が18日、「今日、みなさんに初めてこの姿をお見せします」と題して自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでウイッグ(かつら)を外した短髪姿を披露した。「私にとっては生きていることが奇跡です。今のありのままの自分を見てもらいたい」と心境をつづっている。

 池江選手は2018年夏のジャカルタ・アジア大会で日本勢初となる6個の金メダルを獲得。東京五輪での活躍が期待されたが、19年2月に白血病と診断された。「自分自身との戦いに、絶対に負けない」との思いで抗がん剤治療の苦しさに耐えながら約10カ月の入院生活を乗り切った。24年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げており、今年3月には「406日ぶり」にプールに入るなど復帰への道のりを歩んでいる。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文588文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集