メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ

通院控える地方の心臓病患者 新型コロナ拡大、大都市感染リスク高く

自宅でパルスオキシメーターを使って血液中の酸素濃度を確認する若林弘輔さん。東京都内の主治医の診察を見送らざるを得ず、容体の悪化を心配している=本人提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、地方に暮らす心臓病患者が専門医のいる大都市の病院への通院を控えるケースが生じている。検査などで定期的な通院が必要だが、感染した場合の重症化リスクも高いからだ。政府の基本方針は、緊急事態宣言解除地域と東京など特定警戒都道府県の間の往来について引き続き自粛を求めており、通院再開が見通せない患者や家族から不安の声が上がっている。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです