メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

来夏の東京は 五輪、歓迎されるのか スポーツライター・小林信也さん

=長谷川直亮撮影

 東京オリンピック・パラリンピックは本当に開催できるのか――。新型コロナウイルスの感染拡大により、倒産する企業が全国で100社を超えるなど、混乱はとどまるところを知らない。ワクチンや特効薬の開発がいまだ見通せない中、じわじわ広がっているのが、来年夏に予定されている東京五輪への疑念だ。競技や選手事情に詳しいスポーツライターの小林信也さん(63)に聞いた。

 東京五輪の「1年延期」が決まった少し後の3月下旬、小林さんは五輪代表選手のコーチをしている知人と話をした。メダル確実とされる有力選手だが、「もう練習はやめさせ、実家に帰しました」と言う。それで大丈夫なのかと尋ねたら、「コロナでこんな状況なのに、選手は安心して練習なんかできませんよ」と知人は答えた。

 安倍晋三首相は3月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長との電話協議で「五輪中止」の回避に成功した後、小池百合子東京都知事と笑顔で「グータッチ」をしたと伝えられている。

 「スポーツ選手であろうとなかろうと、命と健康を守ることは最優先です。目の前にいる選手を本気で思いやる知人のような人なら、こんな時に『何がなんでも金メダルだ』とは言わない。一方、安倍首相らは『五輪は絶対にやる』と高揚した表情で語る。口では『アスリートが第一』なんて言いますが、本当はどこを向いているのか、違和感を覚えてなりません」

 五輪開催に向けた政府の意欲は強いが、世間では疑問が膨らみつつある。一つは追加経費への懸念だ。その額は3000億円にも上るとされる。

 IOCは4月中旬、公式サイトで「安倍首相は費用の負担に合意した」と明かした。政府は「協議した事実はない」と抗議し、文言は削除された。だが小林さんは言う。「関係者は『さすがにIOCも根拠なく、あんなことを書く…

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文3019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです