メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 竹内康人さん 過去の清算、あきらめず

 ■韓国徴用工裁判とは何か 竹内康人(たけうち・やすと)さん 岩波ブックレット・682円

 2018年、韓国大法院(最高裁判所)は、戦時に日本企業に動員された朝鮮人徴用工の訴訟で、原告の慰謝料請求権を認めた。日本政府は猛反発したが、著者はその主張の問題点を鋭くついた。

 まず「強制労働はなかった」という主張について。多数の一次資料を掘り起こし、実態を明らかにした。また政府は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場だが、その政府が「不法行為への賠償請求権を消滅させることはできなかった」事実を指摘する。

 巻末の資料で「朝鮮人強制動員企業現在名一覧」を掲載した。現在も存続しているところが多い。しかし国策に従った企業の責任をどこまで問えるのか。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです