メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 綾町の照葉樹林文化館が再開 照葉大吊橋も /宮崎

再開した綾町の照葉樹林文化館。森の貴重な生態系などを紹介している

 新型コロナ問題で4月20日から臨時休業していた綾町南俣の照葉樹林文化館が再開した。歩行者専用では日本2位の高さ142メートルを誇る隣の照葉大吊橋(てるはおおつりはし)も再開し、5月中は新緑を楽しめそう。

 照葉樹林は生態系が豊かで景観が良く、九州中央山地国定公園に指定。文化館は現地のヤマセミ、カッコ…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです