メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

診療報酬、前払い検討 コロナで病院経営悪化 厚労省

 新型コロナウイルスの感染拡大で経営危機に陥っている病院があるとして、厚生労働省は診療報酬を前払いして当座の運転資金を支援する検討を始めた。病院団体の調査で18日、全国の病院で4月、収入に対する利益の比率を示す利益率がマイナス9%に落ち込み、新型コロナ患者を受け入れた病院はマイナス11・8%と大幅な赤字に陥ったことが判明した。

 調査は日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会の3団体が5月7~15日、加盟病院を対象に実施し、1141カ所から回答を得た(回答率26%)。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  2. 1週間の感染者1000人超の愛知、帰省の再検討求める 岐阜知事は「バーベキューに注意」

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです