メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

検察庁法改正案って? 検察官の定年引き上げ 「特例」措置を問題視=回答・堀和彦

衆議院内閣委員会で答弁する森雅子法相=喜屋武真之介撮影

 なるほドリ 検察庁法改正案(けんさつちょうほうかいせいあん)が注目を集めているね。どういう法律なの?

 記者 検察官の定年を63歳から65歳に引き上げる法案です。検察トップの検事総長(けんじそうちょう)だけはもともと定年が65歳なので変更はありません。少子高齢化が進み、政府は2022年度から、一般の国家公務員の定年を60歳から段階的に65歳まで引き上げようとしています。検察官の定年も同じように引き上げようというわけです。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです