特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ひとり親に給付金、低所得世帯対象 政府・与党検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府・与党は低所得のひとり親世帯に臨時給付金を支給する方向で検討に入った。具体的な額や支給方法について、詰めの調整を急ぐ。対象は児童扶養手当の受給世帯を中心に、休業や離職で困窮している世帯も含む見通し。

 18日には自民党の稲田朋美幹事長代行ら議員有志が加藤勝信厚生労働相に対し、児童扶養手当の受給世帯と、休業や離職で同程度の収入レベルとなる世帯を対象に、子ども1人あたり一律10万円の追加給付を要望した。

 児童扶養手当は低所得のひとり親世帯93万9262世帯(2019年3月末時点)が受給。支給額は子ども1人の場合、年収160万円未満の世帯で満額の月4万3160円。年収365万円未満の世帯は収入に応じて月1万180~4万3150円。子どもの数に応じて加算される。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文558文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集