メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ国際航空、世界大手で初の経営破綻 コロナで全便運休、負債8200億円

タイ国際航空機=成田空港で

 タイ政府は19日、新型コロナウイルスの感染拡大で経営危機に陥ったタイ国際航空について、中央破産裁判所に会社更生手続きを申請することを閣議決定した。事実上の経営破綻。現在は全便が運休しているが、今後は運航を継続しながら裁判所の管理下で再建を進める。プラユット首相が明らかにした。筆頭株主の政府が救済策を検討したものの、まとまらなかった。

 新型コロナの影響で、世界の主要航空大手が経営破綻するのは初めて。タイ航空の2019年末時点の負債は2448億バーツ(約8200億円)。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです