メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍で暮らすドイツ

育児のあり方も問う「危機」 女性管理職割合は日本の2倍 在宅勤務「母親に負担」の声も

ベルリンでは5月14日から緊急保育に加え、就学直前の年齢の子供の受け入れを開始した。低年齢児の受け入れのめどは立っていない=5月14日、ロイター

 A4判用紙5ページにわたり、びっしりと「職業」が記載されている。警察、消防、軍、医療関係に続き、公共交通機関(運転業務、清掃、整備)や電気・ガス・水道といったインフラ業務。さらにページをめくると、食品関係のほか、印刷業や獣医、クリーニング業も。いずれも、記者が住むベルリンで子供に「緊急保育」を受けさせることができる親の職業だ。

 新型コロナウイルス対策で、学校や保育園は3月中旬から閉鎖。段階的に再開しつつあるが、多くは家で過ごす。小さな子供のケアは切実な問題だが、ベルリンではこの一覧の職業に従事し、ほかに育児の選択肢がない場合は保育を受けられる。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです