ウクライナ大統領就任から1年 対露和平停滞とスキャンダルで支持率低下

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナのゼレンスキー大統領=キエフ郊外で2020年4月23日、ロイター
ウクライナのゼレンスキー大統領=キエフ郊外で2020年4月23日、ロイター

 ウクライナでコメディアン出身のゼレンスキー大統領(42)が就任してから20日で1年を迎える。東部の親露派武装勢力との戦闘終結や汚職の撲滅などの目標を掲げ、当初は国民から熱狂的な支持を得た。だが和平交渉は停滞し、政権内部でスキャンダルが続く上に、新型コロナウイルスの影響も広がり、苦しい状況に直面している。

 「簡単な1年ではなかった。成功もあれば失敗もあった。ただ、まだ始まりに過ぎない。私たちは諦めたりしない」。ゼレンスキー氏は4月23日、7割以上の票を得て当選した大統領選から1年あまりを迎え、自らのフェイスブックに2年目への決意を投稿した。

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1317文字)

あわせて読みたい

ニュース特集