メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏「中国からの独立を示すことがWHOの唯一の道」 テドロス氏への書簡公開

医療用マスクなどを扱う配送センターを訪れたトランプ米大統領(左)=米東部ペンシルベニア州アレンタウンで2020年5月14日、ロイター

 トランプ米大統領は18日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に宛てた書簡をツイッターで公開した。トランプ政権が検証したWHOの新型コロナウイルス対応を基に、「WHOは驚くほど中国からの独立性を欠いている」と批判した。30日以内に実質的な改善が見られなければ、暫定的に停止中のWHOへの資金拠出を恒久的にやめ、脱退も検討すると通告した。

 書簡は18日付で4ページ。WHOが2019年12月初旬かそれ以前に中国湖北省武漢市で広まったウイルスの情報を「一貫して無視した」と指摘。さらに「(中国は)現在も関連施設などへの国際的なアクセスを拒否し続けている」にもかかわらず「WHOは中国の対応の『透明性』を称賛し続けている」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伯和の新人・高正則が貴重な追加点 “未知の世界だった”仕事と両立でドーム目指す

  2. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです