メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「会社とは対等」認識を 山梨で増える休業補償相談

労働者支援ネットワークやまなし代表の加藤英輔弁護士=甲府市で2020年5月2日、金子昇太撮影

労働者支援ネットワークやまなし代表 加藤英輔さん(35)

 ――「労働者支援ネットワークやまなし」を設立した経緯を教えてください。

 ◆有期雇用が5年を超えた場合、本人が申し込めば無期雇用に転換できる「無期転換」の制度が2018年から本格的に始まりましたが、制度導入前に雇用主が契約更新を打ち切る「雇い止め」が増えることを懸念し、17年に県内の弁護士4人と設立しました。17年5月に初めて無料電話相談を行ったところ、「雇い止めを予告された」など約25件の問い合わせがありました。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです