特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ診療の手引き改訂 重症度の分類、血栓症のリスク盛り込む 厚労省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は18日、新型コロナウイルス感染症の診療にあたる医療従事者に活用してもらう「診療の手引き」の改訂版を公表した。肺の血管を塞ぎ呼吸不全を引き起こす血栓症のリスクがあることや、重症度の分類を新たに盛り込み、症状に応じた診療のポイントを解説している。

 国内外で蓄積した知見を基に、3月17日発行の第1版を更新した。新型コロナ感染症の合併症として血栓症を挙げ、軽症患者が経過観察中に突然死したケースでも血栓症との関連が示唆されるとして、注意を促している。血栓症の進み具合を判定する血液中の「Dダイマー」は、重症化を予測する指標の一つとした。症状が悪化する前に血液検査を行い、正常値を上回っている場合は血栓を溶かす…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文772文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集