メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ情報の信ぴょう性、7割近くがチェック 立命館大がオンラインで調査

立命館大のサトウタツヤ教授=本人提供

 新型コロナウイルスについて、さまざまな機関や媒体が発信する情報が明確で分かりやすいと思っている人はほぼおらず、約7割が信ぴょう性をチェックしていることが、立命館大のサトウタツヤ教授(社会心理学)らがオンラインで実施したアンケートで分かった。サトウ教授は「知る必要が高まり、いろいろな媒体を使っているが、明確な情報があるとは思っていないようだ。疑いの目を持ち、情報をしっかりと見ているのでは」と分析する。

 調査は国際共同研究の一環で、イタリアやオーストラリア、フランスなどの計12大学が参加。日本からは立命館大が加わり、サトウ教授と文化心理学ゼミの大学院生が担当した。フェイスブックなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で4月1~16日、感染への対応や将来の見通しなどに関する質問を拡散し、日本では20~65歳を中心に計267人が回答した。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです