メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の働く場苦境「工賃払えない恐れ」 コロナで受注激減 感染防止策の難しさも

自動車用部品の箱詰め作業などを行う障害者たち=浜松市北区三幸町で、太田圭介撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、障害者が働く「作業所」への軽作業発注が著しく減っている。作業所は障害者と社会の接点となっているが、発注が半減して事業の継続に「黄信号」がともるところも出始めた。知的障害者に手洗いなどの感染予防策を徹底させる難しさもあり、関係者は頭を悩ませている。

 「自動車部品工場での梱包(こんぽう)、自治体から受注した印刷、イベントで売る食品の製造。ほとんどの軽作業が縮小された……」。社会福祉法人「復泉会」(浜松市北区)が運営する「くるみ共同作業所」の峰野和仁施設長は肩を落とす。この作業所に通う知的障害者は約50人。企業と雇用契約を結んで働くことが難しい障害者に就労の機会を提供している。

 作業所によると、3月下旬から作業の発注が急減した。中国での部品供給網寸断によって国内の自動車工場が操業停止に追い込まれて部品工場に出向いての作業が半減したほか、公立学校の臨時休校で印刷の需要がなくなり、さらにイベントの中止で食品の販路も縮小した。「障害者たちに工賃が払えなくなる恐れもある」と峰野施設長の表情は険しい。

 くるみのような作業所は「就労継続支援B型」という業態に分類されている。厚生労働省によると、「B型」の施設で障害者が受け取る工賃の月平均は1万6118円(2018年度)。「雇用」の契約は結ばず、工賃が最低賃金を下回ることが多いものの、障害者にとって「社会の中の居場所」という側面がある。

 くるみで野菜の水耕栽培に従事する女性(40)は「仕事をしながら仲間と会話をすることが楽しい」と目を輝かせる。この女性は家族と離れ、復泉会が運営するグループホームで暮らしている。職場は社会とのつながりを実感できる大切な場所だ。「仕事が減って通えなくなったら嫌だ」と真剣な表情で訴える。

 障害者の働く場への影響は、全国に広がっている。共同作業所などの全国組織「きょうされん」(東京)が3月に実施して会員の281事業所が回答した調査によると、「(新型コロナの感染が深刻化した)3月分の工賃が減る見込み」と答えた事業所が過半数に達した。施設外就労の休止などによる工賃への影響が大きいとみられる。

 また、新型コロナは作業所に対して「感染防止策の徹底」という課題も突き付けた。知的障害者の教育や就労に詳しい静岡大学の山元薫准教授は「感染リスクの理解が難しい知的障害者に手洗いなどを徹底させることは容易でない」と指摘する。峰野施設長も「マスクの着用を嫌がる例があり、感染者の発生で作業所が休止に追い込まれる事態も想定される」と話した。【太田圭介】

就労継続支援事業

 障害者総合支援法に基づき、一般企業で働くことが難しい障害者に仕事と技能訓練の機会を提供するもの。施設側と雇用契約を結んで最低賃金を適用するA型、雇用契約を結ばずに工賃を支払うB型がある。全国では2019年4月現在、A型(3821カ所)で約7万人、B型(1万2541カ所)で約25万9000人が働く。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです