メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このお守り札でコロナ回避 アマビエ、黄ぶな、角大師を1枚に 宇都宮・正光寺

角大師、黄ぶな、アマビエを描いた病気よけの特製お守り札=2020年5月17日午後10時50分、渡辺佳奈子撮影

 新型コロナウイルスの終息を願い、宇都宮市にある天台宗の寺院・正光寺が作った特製のお守り札が話題になっている。疫病神を退散させた「角大師」と疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」、地元の病気よけのシンボル「黄ぶな」を描いた。住職の西村慈祐さん(44)は「話題のアマビエと黄ぶなに加え、天台宗ゆかりの角大師をかわいくデザインした。少しでも安心感を持ってもらえたら」と話す。

 お守り札は、西村さんが新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月下旬に思いついた。子どものころ、漫画家になりたかったという西村さんが自ら描いた。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「やめられなかった」勤務時間中に喫煙3400回 学校抜け出し食事も 大阪府立高教諭処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです