特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

このお守り札でコロナ回避 アマビエ、黄ぶな、角大師を1枚に 宇都宮・正光寺

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
角大師、黄ぶな、アマビエを描いた病気よけの特製お守り札=2020年5月17日午後10時50分、渡辺佳奈子撮影
角大師、黄ぶな、アマビエを描いた病気よけの特製お守り札=2020年5月17日午後10時50分、渡辺佳奈子撮影

 新型コロナウイルスの終息を願い、宇都宮市にある天台宗の寺院・正光寺が作った特製のお守り札が話題になっている。疫病神を退散させた「角大師」と疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」、地元の病気よけのシンボル「黄ぶな」を描いた。住職の西村慈祐さん(44)は「話題のアマビエと黄ぶなに加え、天台宗ゆかりの角大師をかわいくデザインした。少しでも安心感を持ってもらえたら」と話す。

 お守り札は、西村さんが新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月下旬に思いついた。子どものころ、漫画家になりたかったという西村さんが自ら描いた。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文649文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集