メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日へ・ 新型コロナ

観光客が絶えた浅草「ここは思い出の場所」 通訳案内士、英語で外国の人に日本文化を…

大半の店がシャッターを下ろす浅草の仲見世商店街を歩く通訳案内士の中山エリ子さん=東京都台東区で2020年5月13日、長谷川直亮撮影

 「こんなに静かな浅草は見たことがない。まるで別の世界のよう」。浅草寺(東京都台東区)の門前で、大半の店が臨時休業しシャッターを下ろす「仲見世商店街」を歩きながら、全国通訳案内士の中山エリ子さん(57)がつぶやいた。「初めて米国人3人を案内した思い出の場所。うまくできなかったけど、最後にハグで『ありがとう』って」

 主婦だった中山さんは2013年に、20年東京オリンピック開催決定のニュースを見て英語の通訳案内士を目指した。受験勉強を重ね、16年に国家資格を取得。昨年はラグビー・ワールドカップ(W杯)関連ツアーをガイドするなど、旅行代理店からの依頼も順調に増えてきていた。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 新型コロナ 大阪市立小で児童1人感染 臨時休校 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです