メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全都立校にサーモグラフィー配備 私立含む小中学校も費用一部補助 東京都

 東京都は19日、新型コロナウイルスの感染防止対策として、全ての都立学校(都立高校など)で、生徒らの発熱をチェックする「サーモグラフィー」を配備すると発表した。区市町村立や私立の学校にも費用を一部補助する。都によると、全国的にも珍しい取り組み。小池百合子知事は同日、緊急事態宣言の解除後、都が段階的に緩和する休業・自粛要請の初期段階で、学校を再開する考えを明らかにした。

 都教委によると、サーモグラフィーは各校に1台ずつ配備する。飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、アクリル板を教卓などに置いたり、フェースシールドを備えたりする。同日発表した2020年度一般会計補正予算案に42億円を計上した。2~6月に予定した都立学校の修学旅行などが感染拡大で中止・延期となり、キャンセル料が発生した場合、一部を肩代わりするため、別途5000万円の経費も盛り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです