メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに悩む市民後見人 特養入居の被後見人とは1月以降面会できず

コロナ禍での市民後見人の在り方について話す島田恭一さん=東京都千代田区で、吉田卓矢撮影

 認知症や精神・知的障害などで判断能力が十分でない人について、家庭裁判所から選任された人が「財産管理」や生活、医療、介護の手続きや契約などをサポートする「身上監護」を行う成年後見という制度がある。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大は、こうした制度にも影響を及ぼしている。東京都内で2人の認知症高齢者の市民後見人などを務める島田恭一さん(71)に現状や課題を聞いた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3352文字(全文3554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです