メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに悩む市民後見人 特養入居の被後見人とは1月以降面会できず

コロナ禍での市民後見人の在り方について話す島田恭一さん=東京都千代田区で、吉田卓矢撮影

 認知症や精神・知的障害などで判断能力が十分でない人について、家庭裁判所から選任された人が「財産管理」や生活、医療、介護の手続きや契約などをサポートする「身上監護」を行う成年後見という制度がある。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大は、こうした制度にも影響を及ぼしている。東京都内で2人の認知症高齢者の市民後見人などを務める島田恭一さん(71)に現状や課題を聞いた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3352文字(全文3554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです