特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『フジモトマサルの仕事』コロナ・ブックス編集部/編

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「異能の人」の作品世界の扉をあらたに開く、記念碑的一冊

◆『フジモトマサルの仕事』コロナ・ブックス編集部/編(平凡社コロナ・ブックス/税別1800円)

 フジモトマサルさんに初めて会ったのは、90年代半ばだった。その場に五、六人が集っていたことは覚えているのだが、なぜか浮かんでくるのはフジモトさんの顔だけなのだ。くるっと大きな眼とお坊さんみたいな立派な頭蓋(ずがい)が鮮烈だったからだろうか。そのあと数年続いた交流のなかで、外国の家電に目がないんですと言っていたのも、なぜか忘れられない。以来ずっと、私の脳内では、秋葉原のヤマギワ電気の外国家電製品コーナーを徘徊(はいかい)しているフジモトさんの姿が固定化されている。

 五年前に亡くなった漫画家・イラストレーター、フジモトマサルの作品世界にずっと惹(ひ)かれてきた。二本足で立って動く輪郭のくっきりとした動物たちが喋(しゃべ)ったり、お茶を呑(の)んだり、旅に出たり。彼らは動物の真の姿なのか、それとも動物の姿を借りた人間なのか、領域が茫洋(ぼうよう)としているのだが、いっぽう作品世界には奇妙な緊張感と強度が張り巡らされている。スタイリッシュで、ユーモラスで、どこか…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1555文字)

あわせて読みたい

注目の特集