メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ ビッグデータ活用、官民一体 携帯位置情報で街の人出分析

GWにもかかわらず閑散とする渋谷のスクランブル交差点=東京都渋谷区で2020年4月27日午後0時15分、西夏生撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大後、繁華街への外出自粛が特に呼びかけられ、ニュースでは「東京都内の主要駅の人の流れは感染拡大前と比べて7割以上減少し……」といった情報が頻繁に流れている。基になっているのは、各個人が持つ携帯電話の位置情報サービスや、通信アプリ、交通系ICカードなどの機能を活用して集められているデータだ。便利さの半面、個人情報はどう保護されているのか。官民協力で進む情報通信技術(ICT)活用の現場を取材した。【松本晃、遠藤修平】

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです