新型コロナ マスクなど予約販売へ 光触媒機能付き銅繊維使用 群馬大大学院・板橋教授ら開発 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
銅繊維シートをPRする(右から)荒木市長、板橋教授、朝倉社長=群馬県桐生市役所で
銅繊維シートをPRする(右から)荒木市長、板橋教授、朝倉社長=群馬県桐生市役所で

 群馬大大学院理工学府の板橋英之教授(57)らが開発した光触媒機能付き銅繊維を使ったマスクなどが22日から順次、予約販売される。このシートは付着した細菌やウイルスの不活性化を早めることから、新型コロナウイルスへの効果も期待される。

 板橋教授ら開発の銅繊維を素材に、桐生市と地元企業が共同で製品化した。…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

あわせて読みたい

注目の特集