メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染症対策に認証制度 事業者を支援、県が独自構想発表 /山梨

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は19日、感染症に強い社会づくりに向けた県独自の「やまなしグリーン・ゾーン構想」を発表した。宿泊施設や飲食店などを安心して利用できるよう感染症対策の認証制度を導入。将来的には全業種に広げ、消費者や観光客らに選ばれる店舗や地域づくりを広め、県内の経済再生を図る。

 県は、同構想を新型コロナウイルスの第2波、第3波が発生しても社会・経済活動を停滞させない社会への移行戦略と位置付ける。医療体制の整備▽遠隔授業など社会環境の整備▽経済対策――を3本柱とし、特に経…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです