メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 給食食材、お得に販売 橋本市、納入農家を支援 /和歌山

橋本市が始めた「はしもと学校給食 食材マルシェ」=和歌山県橋本市で、藤原弘撮影

 新型コロナウイルスの影響で休校が続く中、橋本市は学校給食に食材を納入している農家を支援しようと、市保健福祉センターの屋外で農産物の販売会「はしもと学校給食 食材マルシェ」を開いている。農家に農産物を納入してもらい、販売会の売り上げは全て農家に渡す仕組みだ。

 販売会では、農産物を袋詰めにし、1袋1000円で販売している。スーパーなどで買うよりお得な値段設…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです