メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/36 ピンクのシロツメクサ 見慣れぬ色にドキッ! /鳥取

ピンクのシロツメクサの花(右)と通常の白い花=桐原真希さん撮影

 植物の名前がよく分からなくても、シロツメクサの姿はご存じの方も多いかもしれません。クローバーとも呼ばれ、「四つ葉のクローバー」を見つけたことがある人もいらっしゃるのではと思います。ヨーロッパからやってきた帰化植物ですが、日本との付き合いは長く、1846年にオランダから持ち込まれたのが最初と言われています。

 シロツメクサの「ツメ」は「詰める」から名付けられました。当時輸入されていた陶芸品などを守るために、乾燥させたシロツメクサをクッション材代わりに敷き詰めていたことが由来とのこと。牧草や緑肥にも使われ、近年では世界各国に分布しています。今のところ、国内では人的被害や農林業・生態系への著しい被害が認められないことから、外来種の中でも穏やかな距離感が保たれている種類なのではと感じます。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです