メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

経済活動再開のイタリアで 共感と連帯へ手探りの日々=中村秀明(客員編集委員)

外出制限などの一部緩和で家族連れらの姿も戻ってきた=ボローニャ市中心部の商店街で5月12日、中村秀明撮影

 新型コロナウイルスによる死者が3万人を超えたイタリアで5月上旬以降、工場が動き出し、飲食店や商店、美術館などが再び開いた。ほぼ2カ月ぶりの「日常」だ。人々は人とのつながりを回復しつつ、糧を得るために経済活動に歩み出た。「もう同じ世界には戻れない」と気づきながらも、新たな価値観で道をひらくのも今は難しい。コロナに打ち勝つといった勇ましさはなく、感染再拡大の不安を抱えた日々が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1704文字(全文1897文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです