メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ大統領就任1年 和平交渉、改革停滞 支持率急落

ゼレンスキー大統領=ロイター

 ウクライナでコメディアン出身のゼレンスキー大統領(42)が就任してから20日で1年を迎える。東部の親露派武装勢力との戦闘終結や汚職の撲滅などの目標を掲げ、当初は国民から熱狂的な支持を得た。だが和平交渉は停滞し、政権内部でスキャンダルが続く上に、新型コロナウイルスの影響も広がり、苦しい状況に直面している。

 「簡単な1年ではなかった。成功もあれば失敗もあった。ただ、まだ始まりに過ぎない。私たちは諦めたりしない」。ゼレンスキー氏は4月23日、7割以上の票を得て当選した大統領選から1年あまりを迎え、自らのフェイスブックに2年目への決意を投稿した。

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです