特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「以前の生活戻れず」「家族とどう接すれば」 検査なく「陰性」不安 厚労省「14日間経過」で容認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスに感染し自宅やホテルで療養している人が、PCR検査による陰性確認を受けずに社会復帰するケースが増えている。療養期間の「14日間」が過ぎれば、厚生労働省は検査しなくても感染者を陰性とみなしているためだ。ただ、療養を始めて2週間後に陽性と確認された例もあり、陰性確認を受けていない人からは「安心して以前の生活に戻れない。家族とどう接すればいいのか」と不安の声も上がる。

 「本当に検査もせずに電車で帰すつもりなんだろうか」。4月下旬から約1週間、東京都の借り上げたホテルで療養していた多摩地区の男性は、保健所から「(PCR検査による)陰性確認はしない」と伝えられ、疑問を感じた。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1242文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集