メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急事態宣言、北海道と首都圏は継続へ 「また増えても困る」政府は第2波警戒

新宿駅を発車する埼京線の列車

 政府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」について、北海道と、東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県では当面、継続する方針を固めた。直近1週間の新規感染者数が、基本的対処方針で示した人口10万人当たり「0.5人程度以下」の基準を上回っていることなどから、21日の解除は困難と判断した。基準を満たす大阪、京都、兵庫の近畿3府県は解除する方針で、最新の感染状況などを見極めた上で、21日の政府対策本部で正式に決定する。

 新規感染者数は緊急事態宣言を継続している8都道府県でいずれも減少傾向にあるが、毎日新聞の集計によると、19日までの1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は、北海道0.7人▽東京都0.6人▽神奈川県1.0人――と3都道県で基準を上回っている。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです