メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株反落、390ドル安 コロナワクチンに懐疑論

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で閉鎖されているニューヨーク証券取引所=19日(UPI=共同)

 19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比390.51ドル安の2万4206.86ドルで取引を終えた。米モデルナが開発する新型コロナウイルスワクチンを巡り、初期臨床試験の結果に対する懐疑論が出て売りが優勢となった。前日の急上昇に伴う利益確定の動きも出た。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は4…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです