特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

巣ごもり、骨が危ない ビタミンD不足注意 短時間の日光でも必要量

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夏の日差し=東京都内で、米田堅持撮影
夏の日差し=東京都内で、米田堅持撮影

 新型コロナウイルスの感染を防ごうと、外出自粛などで日光を浴びる機会が減ることについて、専門家が懸念を示している。日光には骨を丈夫にするビタミンDの生成に欠かせない紫外線が含まれているからだ。日本では男女ともに全世代でビタミンDが不足していると言われており、専門家は適度に日光を浴びるよう勧めている。

 日光に含まれる紫外線には、A波(UVA)とB波(UVB)がある。このUVBは日焼けをもたらす一方、腸管からのカルシウムの吸収を助けるビタミンDを生成する。5月はUVBの量が多いが、ガラスを透過しにくく、窓を閉め切った室内にはほとんど入ってこない。

 日光に当たらないことについて、国立環境研究所の中島英彰主席研究員(大気物理化学)は「ビタミンDが欠乏状態にある若い女性や高齢者は骨の病気が増える危険性がある。育ち盛りの子どもたちも家に閉じこもってゲームばかりしていると、ビタミンD不足が懸念される」と話す。室内で物を持ち上げた際、背骨を疲労骨折した若い女性の症例もあるという。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文872文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集