特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

日々の「3密」度 自己採点サイト 北九大教授が開設

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
データ分析ページに掲載している感染リスクポイントのグラフ(写真は模擬画面)
データ分析ページに掲載している感染リスクポイントのグラフ(写真は模擬画面)

 新型コロナウイルスの感染リスクを招く「3密(密閉、密集、密接)」の個人の状況を数値化するサイト「感染リスクを減らそうチャレンジ」(RIR)を、北九州市立大の竹川大介教授(人類学)が開設した。2メートル以内で人と話した回数や、人混みで15分間過ごした回数を1ポイントに換算して毎日合計し、3密の度合いをセルフチェックする。数分で入力でき、今後は年代別や職業別の傾向を分析したいという。【奥田伸一】

 竹川教授は南太平洋のバヌアツ共和国で、感染症が島民の生活に与えた影響を現地調査した経験がある。新型コロナの影響で導入されたオンライン授業の教材や市民の感染予防に役立ててもらおうと、感染症専門医や統計専門家の助言を得て4月末に公開した。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文860文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集