わたぼうし音楽祭 8月に初のネット開催 視聴者が審査員、新しい取り組みも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビデオ会議アプリを使って音楽祭の打ち合わせをする実行委の酒井さん(右)ら=奈良市の奈良たんぽぽの会で2020年5月13日午後5時54分、加藤佑輔撮影
ビデオ会議アプリを使って音楽祭の打ち合わせをする実行委の酒井さん(右)ら=奈良市の奈良たんぽぽの会で2020年5月13日午後5時54分、加藤佑輔撮影

 障害のある人たちが夢や思いを込めた詩に、曲を付けて歌う「45周年記念わたぼうし音楽祭」(8月2日)の初のインターネット配信での開催に向け、主催する「奈良たんぽぽの会」(奈良市)が準備を進めている。新型コロナウイルスの影響で会場での開催を断念した形となったが、同会は「ネット上だからこそ、若者などこれまでと違う客層を取り込めるはず。ピンチをチャンスに変えたい」と意気込んでいる。【加藤佑輔】

 音楽祭は「障害がある人たちの心を歌う」をテーマに1976年に初開催。以来、年に1回、主に奈良県文化会館(奈良市)で開かれてきた。当初は今年も8月2日に同会館で開催を予定し、昨年12月には「作詩の部」で募集を開始、354点の詩が集まった。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文788文字)

あわせて読みたい

注目の特集