特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

JR西日本が混雑状況をネット発信 10路線30区間で色分け 時差通勤の参考に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR西日本がホームページで公開した主要路線の混雑状況=同社提供
JR西日本がホームページで公開した主要路線の混雑状況=同社提供

 JR西日本は20日、京阪神地区の主要路線の混雑状況について、平日と土日・休日用に分けてホームページで情報提供を始めた。直近の平日5日間と土日(休日)2日間の各平均値を計測し、混雑する時間帯を色分けして表示。1週間ごとにデータを更新する予定で、同社は「新型コロナウイルス対策の時差通勤などに役立ててほしい」とアピールしている。

 提供するのは東海道線京都―大阪▽同大阪―神戸▽奈良線京都―宇治▽山陽線神戸―姫路――など約10路線の30区間。早朝から深夜までを1~5時間ごとに区切り、5段階(乗車率25%未満~150%以下)で色分けした。1車両当たりの乗車定員は約150人で、乗車率25%以上50%未満は「ほぼ座席が埋まっている」状況を表すという。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文624文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集