メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西日本が混雑状況をネット発信 10路線30区間で色分け 時差通勤の参考に

JR西日本がホームページで公開した主要路線の混雑状況=同社提供

 JR西日本は20日、京阪神地区の主要路線の混雑状況について、平日と土日・休日用に分けてホームページで情報提供を始めた。直近の平日5日間と土日(休日)2日間の各平均値を計測し、混雑する時間帯を色分けして表示。1週間ごとにデータを更新する予定で、同社は「新型コロナウイルス対策の時差通勤などに役立ててほしい」とアピールしている。

 提供するのは東海道線京都―大阪▽同大阪―神戸▽奈良線京都―宇治▽山陽線神戸―姫路――など約10路線の30区間。早朝から深夜までを1~5時間ごとに区切り、5段階(乗車率25%未満~150%以下)で色分けした。1車両当たりの乗車定員は約150人で、乗車率25%以上50%未満は「ほぼ座席が埋まっている」状況を表すという。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです